始めに

  • 追加、校正等で内容が変化します。常に最新情報(F5)に更新下さい。
  • 2015年現在多くのページが編集中ですが、書籍を含めラン原種に関する膨大な文献を抱えており、これらを順次整理すると共に、栽培を通して得た情報をベースに、今後逐次ページを増版していきます。
  • 胡蝶蘭、デンドロビウムについては栽培法や植え込み材等の情報を掲載していますが、その他の原種は今後基本情報をアップロードし、その後、胡蝶蘭原種ページに見られるような詳細データを追加していきます。大筋で完成するのは2-3年間を見込んでおります。
  • サイトの利便性についても同様に1年程度の改良改善期間を予定しています。
  • 価格表はトップメニューバーの「取扱品目」に掲載しています。
  • 本サイトでは注文など販売に関しては「カゴに入れる」等の手順を採用していません。動植物のような生体は品質が日々変動しており、余り適した受発注システムではないと考えております。より使いやすい方式を検討していますが、それまではメールにて各自、自由形式でご注文あるいはお問い合わせ下さい。
  • 掲載されたラン以外に未開花やsp株が、特にバルボフィラムおよびデンドロビウムに多数あり、これらは開花後の確認によりアップロードしていきます。バルボフィラムでは40点、デンドロビウムで15点ほどが開花待ち状態です。毎年20点ほどこのような株が入荷状態にあります。
  • 本サイトの基本方針は、トップメニューの「CyberWOM?」に記載しましたがランに関する栽培情報の発信を目的としており、販売はそれに付随するものと捉えております。また販売価格は生息国ラン園と同等の価格をマーケティング方針とするため、国内マーケット価格のおよそ半額以下(2014年度比較)を目論みます。価格は品質、サイズに依存します。本サイトの価格が国内ラン園と比較し同等か以上の場合は、株サイズ、順化済み(最終販売者の栽培での新根あるいは新芽の発生を確認済み)か否かを比較ください。また実生か野生栽培株かで価格は倍以上の違いとなります。なお購入者が希望される場合は発送品の画像をメール致します。

ページ操作

簡単なページ操作について説明します。

  • ページからの戻り
    トップページからリンクして入ったページから前あるいは元のページに戻るにはいくつかのルールがあります。下図はリンク先のページを示したものです。ここでは、最上段左に青色の戻り矢印があります。またページ内の右上に「戻る」ボタンがあります。このような場面ではいずれをクリックしても1段前のページに戻ることが出来ます。



  • 図1


  • 図2には戻りボタンがページ内の右上にはありません。一方左上の青い矢印がありますので、このような場面では、青のマークをクリックすることで、1段前のページに戻ることが出来ます。前の履歴には無関係に最初のページやページのメニューバー(橙色のバー)にある内容にリンクしたい場合はメニューバーの文字をクリックします。


    図2
  • さらに図3ではページ内の戻りボタンおよび左上の青矢印もない場面です。リンクした先のページの表示がこのケースでは、サイトアドレスhttp://が表示された右横に、紫色の背景色枠で2つの名前が表示されていますが、この右端の枠内にあるマークをクリックします。これでその左横にある枠内名のページに戻ることができます。この紫色の枠内名は、アクセスした履歴を左から右へ順に並べたもので、よくある操作ミスは、図1にように、この枠が一つしかない場合、そのマークをクリックしますとトップページに戻るのではなく、ページ自体が閉じてしまいますので、トップページに戻りたいのであれば、青矢印、図2の橙色のメニューあるいは図1の右上の戻りボタンのいずれかをクリックします。枠ひとつの場合は橙色のメニューあるいは青色矢印が表示されています。


  • 図4は図3の左に縦に「CONTENTS}と書かれたポップアップメニューの上にカーソルマースを乗せたときに出たページ内項目名の一覧で、その一覧表の中の所定の項目をクリックすることでその場所にジャンプすることができます。


編集中